冤罪被害をなくすには間違われないように自己防衛

人々は生活していると様々なことが起こります。

何らかの事故や事件に遭遇してしまうこともあり、突然被害者と加害者のどちらにもなりうる可能性があるのです。

もし加害者になった場合は、罪を償うために罰金や禁固や懲役などの刑があります。

警察や検察の調べを受けて、裁判で判決を下されます。

日本の場合は起訴された場合、そのほぼ全てが有罪となります。

警察や検察が取り調べをすると間違いないというレベルで犯罪者として認定されるのです。

しかし、このほぼ全ての中で実は、無罪だったという人も含まれているのです。

これが冤罪です。

冤罪は、分かりやすく言うと濡れ衣です。

またこの冤罪を受けることを冤罪被害と呼んでいます。

これは、捜査の方法や裁判自体に問題があると言われることが多いです。

裁判においては、有罪か無罪なのかをハッキリと言わなければいけないものです。

これは、実際にあった出来事に対して、裁く側の人が直接その時の様子を見ていないので推測するしかありません。

そのため事実を判断するために、様々な方法を利用して判定します。

その時に、どこで何をやっていたのかという証拠、周囲の人からの証言、普段のその人の評判、過去の犯罪歴などを総合的に判断するのです。

しかし、その過程では間違った内容のものが存在したり、有罪にするための力が強く働くことによって冤罪被害が生まれるのです。

中には、冤罪の罪が認められ数十年もの長い間、拘束をされて刑務所から釈放された人もいます。

人生を狂わす冤罪事件をなくす為には、どのように行動し注意しなければならないのかを日頃から考えないといけません。

Go back to top