痴漢の罪で高い確率で有罪判決が下される

日本の司法制度は、優れている半面、起訴された場合の有罪率は、99.98%という高い高いものになっています。

起訴された場合、無罪判決を受ける確率は、5000件に1件という低い確率です。

この数字は、無罪を勝ち取るのにかなりの困難度を示しています。
Read more…

Go back to top