痴漢の罪で高い確率で有罪判決が下される

日本の司法制度は、優れている半面、起訴された場合の有罪率は、99.98%という高い高いものになっています。

起訴された場合、無罪判決を受ける確率は、5000件に1件という低い確率です。

この数字は、無罪を勝ち取るのにかなりの困難度を示しています。

一度起訴をされてしまうと、よほどの証拠が無い限り無罪になりにくいのが、この国の司法制度です。

特に証拠が少ない痴漢冤罪は、被害者の証言しか証拠といわれるものが無いので、かなりの状況証拠の積み上げや痴漢をするには、難しい状況を証明していかなくてはなりません。

本来なら、証拠に基づき起訴されなければなりませんが、冤罪事件が多い痴漢の場合は、客観的証拠に乏しいのに逮捕されて起訴されることがほとんどです。

その為過去には、していない痴漢をネタにして、稼ぐ女性がいる事も報道されました。

確かに痴漢は、許されない犯罪ですが、都会の場合満員電車に乗り合わせた場合、女性に近づかないようには出来ないので、誰にでも冤罪被害者になる可能性があります。

稀に微物検査を行う事もあるようですが、ほとんどの場合は女性の証言だけで逮捕されます。

明らかに犯罪を行った証拠も無いのに、逮捕されるのは、痴漢ぐらいです。

他の犯罪でも、冤罪の可能性はありますが、一番身近に考えられるのが痴漢冤罪です。

一度基礎をされてしまうと、有罪率から見て無罪判決を勝ち取るのは、相当の困難度なので、不本意ですが冤罪に合わないように、自己防衛をするしか方法が無いのが現実です。

Go back to top